妊活&妊娠中のひとりごと。

働きつつ、子どもが欲しいと思っているオーバー30の日記。2018年8月出産予定。

【29w4d】入院バッグ、陣痛バッグ

少しずつ出産のための入院準備を整えていましたが、買ったものを部屋の片隅にまとめておくだけだったので、やっと今日、カバンに出来るものから詰め込み始めました。

 

保育園見学で立ちくらみを経験して、どんどん身体が変化していることを実感し、「いつ何が起こるかわからない」と焦ったというのもあります(笑)

 

市立の病院のため、パジャマの貸し出しや最初にもらえるセットはそんなに多くなく(はず)、病院から渡されたリストのものだけでも大量の荷物になりました…。

 

大きな持ち物の代表格で言うと、

マタニティパジャマ2〜3枚、自分用とベビー用でバスタオルは最低2枚、生理用ナプキンをM1袋、L1袋。

それだけで小さなボストンバッグに詰めるのは不可能かと…。

仕事に使ってたお洒落な小柄なキャリーケース(イノベーター!)に詰めてみたのですが、バスタオルが入ってない時点で既に満杯に。

 

結局、トラベル用のやや大きめキャリーケースに詰め直しました。(1泊2日〜2泊3日サイズかと思います。)

 

陣痛バッグについては特に指定されていなかったのですが、「入院時にすぐ取り出せるようにまとめておく荷物」という項目があったので、

そちらは陣痛バッグを用意しました。

キャリーケースの持ち手に通せるやや小さめのボストンバッグ。

 

病院指定の中身は、

マタニティパジャマ1枚、骨盤ベルト1本、産褥ショーツ1枚、上履き。

これに飲み物だとか、ペットボトルストロー、ウィダーインゼリー、うちわ、汗拭き用タオル等を足していこうかと。

 

ほぼ中身が揃い、あとは注文している骨盤ベルト(トコちゃんベルト)、トラベル用のシャンプーセットがあればいったん完成です!

 

最後の最後、いざ病院に向かう時に、化粧ポーチとか、携帯の充電器を詰め忘れなければ大丈夫。

 

ちなみに、入院時の荷物を揃える上で一番困ったのが「上履き」です。

「滑りにくいもので、サンダル・クロックス不可」…。

踵はあった方がいいのかも分からず、ネットで調べるも、基本的にヒットするは介護用スリッパ…。

ちょっとテンションが上がらない(笑)

 

踵ありで怒られることは無いだろうと、いろいろ調べて、やっと可愛めの踵あり・滑り止め付きスリッパを発見!

f:id:azico-042:20180606172657p:image

UNIルームシューズ。(画像お借りしてます)

簡単な巾着袋も付いてました。

幅広&24.5cmの私でもちゃんと入って一安心(笑)

お値段2000円弱ナリ。普通のスリッパ可の病院が羨ましい…。