妊活&妊娠中→育児のひとりごと。

働きつつ、子どもが欲しいと思っているオーバー30の日記。2018年8月出産予定。

【0m2d】少し精神をやられる

母子同室2日目。

外では台風が猛威を振るう中(笑)、何とか朝を迎えました。

 

少し精神をやられる事態が2つ起こりました。

 

朝私に課せられた今日のテーマは、「どれだけ我が子がおっぱいを飲めているか」。

 

入院しているところは、別に「母乳教」ではないらしく、母乳を飲ませて、後からミルクを足していく方針のようです。搾乳の話も聞いたことがないので、母乳育児に追い込まれているお母さん方には天国のよう。

(日数が進めば、母乳だけで様子を見てみよう!となるようですが。)

…とはいえ、心配は尽きないもので。

「私のおっぱい、どんだけ出てるねん」って気になる。

 

助産師さんからも、「おっぱい飲ませる前後で体重量ってみてね〜」と言われてトライすることに。

 

朝の9:00過ぎ、ドキドキのチャレンジ!

 

結果!

 

0g!!

 

………マジか。

 

あれだけ力強くチュパチュパされてて、胸も張ってきて、0gかーい!

 

助産師さんから渡されたミルクは何としてでも飲ませねば…!

 

少し心が折れかけました。

 

ただ、ミルクをちゃんと規定量飲ませた甲斐あって、硝酸尿は治っていました!良かった〜

ウ◯チは出てないなぁと思っていたところ、シャワー中に預かってくださった助産師さんが綿棒の刺激で出してくださったそうです。

2回も…!!

 

で。

預かってくださった助産師さんが、

「一生懸命泣いてる時の、口の周りが真っ青になっちゃうみたいですね〜」と。

「小児科の先生にも見てもらいましたが、そういうお子さんもいらっしゃるとのことです。あまり泣かせ過ぎないようにしてくださいね」と。

 

気づかなかった…!!!

 

黄疸にばかり気を取られて、口の周りの色なんて気にしてなかったことに凹みました…。

 

その後、授乳が終わってからムスメがしゃっくりを始めたのですが、確かに口の周りが真っ青に…!!

 

怖い…!!

 

慌てて助産師さんを呼びました。

 

しゃっくり自体はよくあることみたいなので、赤ちゃんを縦向きにして、トントンしてあげて、落ち着かせて…、という手順で良いみたいです。

 

助産師さんが帰り、泣かせないように…と気を揉んでいるのが伝わるのか、ギャン泣きする我が子。

そこに届く夕飯膳。

 

たぶんお祝い膳なのか、ステーキがある!!

 

………泣き声の合間にかき込みましたが、美味しゅうございました。

 

昨日は旦那が面会時間をフルに使ってきてくれていたのですが、今日は仕事の合間に立ち寄れるのみで、1時間もせずに帰って行ってしまいました…。

超心細い。

 

これからちゃんとやっていけるのか、精神がガリッと削られる1日でした。。

 

新生児微笑の写真が撮れたことが心の支え!